2022年3月17日

ベトナム語翻訳の需要が増えてきています。多言語翻訳を得意分野とする当社では、ベトナム語翻訳に精通する提携会社と連携して、高品質なベトナム語翻訳サービスを提供しています。ベトナム語翻訳をご依頼いただく際に役立つ、ベトナム語翻訳の基礎知識についてお伝えします。

ベトナム語翻訳はどのような業種・分野で翻訳されている?

令和4年1月29日、厚生労働省から「外国人雇用状況(2021年10月現在)」の届け出状況のまとめが発表されました。外国人労働者数は172万7,221人で、国籍別ではベトナムが最も多くを占め、45万3,344人(全体の26.2%)を数えています。

技能実習や留学生の数は減少しているものの、専門的・技術的分野の在留資格、身分に基づく在留資格を持った人は、前年に比べて増加傾向にあることも、統計資料で明らかになっています。

当社のベトナム語翻訳提携会社の担当者によると、現在、翻訳依頼で最も多いのは、医療、労働、保険、教育分野における日本国内のベトナム人向けマニュアルだと話します。

日本企業のベトナム進出もますます増加

国内でのベトナム語翻訳需要に加え、日本企業のベトナム進出についても製造業を中心に拡大傾向にあります。JETRO(日本貿易振興機構)の調査では、1,985社の日本企業が進出(2020年12月現在)しており、ASEAN諸国のなかでも、ベトナムとの関係はますます重要になってくると予測されます。

当社の提携会社でも、日本からベトナムに向けての工業機械、財務、旅行などの翻訳発注が増えてきました。また、近年のベトナム国内でのトレンドを見てみると、日本のインテリアスタイルに人気が集まっており、家具やインテリア雑貨を扱うお店も増加中。さらに、ベトナムへ進出する日本医療機器メーカーからの翻訳依頼が増え始め、今後はインテリアや医療機器などの分野にもビジネスチャンス拡大への期待感が高まります。

知っておきたいベトナム語の基礎知識

現代ベトナム語の表記には、アルファベットが使用されています。クオック・グーと呼ばれ、英語と異なるのは、文字の上下に記号が記されていること。これは、声調記号や母音記号で、文字の読み方を表しています。以前のベトナム語は、アルファベットではなく漢字を使用していたため、中国語に似た発音があります。ベトナム語と中国語は声調言語でもあり、文法も少し似ています。

漢字由来の言葉は「漢越語」と言い、中国語の影響を大きく受けている一方で、フランス統治時代に外来語として定着した言葉や英語由来の単語も存在します。ベトナム語の特長について、当社の提携会社スタッフに話を聞きました。

日本語とベトナム語の違いは?

日本語とベトナム語では文法が異なります。日本語の語順は「主語+目的語+動詞」のSOV型なのに対し、ベトナム語は英語などと同じ「主語+動詞+目的語」のSVO型です。

≪文章の一例≫
【日本語】私は、本を読みます。→ 【ベトナム語】私は 読みます 本

さらに、日本語では「形容詞+名詞」の語順に対し、ベトナム語では「名詞+形容詞」のように反対になります。

≪言葉の一例≫
【日本語】 青い本 → 【ベトナム語】本 青い

ベトナム語には6つの「声調」がある

中国語の普通話には4つの声調がありますが、ベトナム語には6つあり、音の上がり下がりで意味が変わります。声調を表す記号は母音字に付けます。

≪声調記号の意味≫
記号なし: 真っ直ぐな声調
記号 ( ̀ ): 落ちる声調
記号( ́ ): 上がる声調
記号 ( ͗ ) (~): 曲がる声調
記号 ( . ): 急に落ちる声調

ベトナムの教科書は北部の言語が基準になっている

ベトナムでは、北部と南部で言語が少し異なります。基本的には大きく変わりませんが、音調や一部の語彙に違いがあります。ベトナムの教科書は基本的に北部の言語を基準として作成されています。

ベトナム語翻訳を依頼する時に知っておきたいポイント

ベトナム語翻訳を発注する際に注意したい点、チェックするポイントなど、知っていると便利なポイントについて見てみましょう。

ベトナム語の「時制」は、日本語のように厳密ではない

ベトナム語の時制を表す言葉は、日本語のように厳密ではありません。また、英語のように時制による動詞の変化もありません。主語の次に置く言葉によって、現在形、過去形、未来形を表すのが基本。動詞の変化がないので、翻訳時には基本的な文法や文脈に注意すれば、ほぼ問題はありません。

ベトナム語での外来語表記のルールは?

ベトナム語にはフランス語と英語由来の外来語が数多く存在します。発音は少し似ていますが、スペルが違います。

≪例≫
フランス語:Café ベトナム語:Cà phê 日本語:コーヒー
英語:Font  ベトナム語:Phông 日本語:フォント

外来語については、ベトナム語の一般的な辞書に掲載されている言葉に置き換えを行いますが、近年ではsalad、 bluetooth などの外国語は、そのまま表記されるようになっています。

ベトナム語では「主語」を重要視する

ベトナム語は主語がとても複雑です。一人称や二人称にあたる単語が多数存在し、相手との関係性によって使用する言葉が変化する場合があります。ベトナム語翻訳を依頼する際には、原文の背景や人物の立場、目的や訳文を読む対象者などを正確に伝えることが大切です。

品質にこだわったベトナム語翻訳サービスを選ぼう

ベトナム語翻訳の需要はますます加速していくと予想されるものの、レベルの高い翻訳技術をもつ会社は少数です。当社では、ベトナム語翻訳に精通する提携会社と連携し、お客様ごとに用語集や翻訳メモリなどを共有しながら翻訳支援ツールのチェック機能を活用しています。ベトナム語翻訳に関するご相談、お問い合わせは、ぜひ当社にご相談ください。

用語集・翻訳メモリ、翻訳支援ツールなど翻訳資産に関する詳細はこちらをご覧ください。
https://www.idanet.co.jp/services/tr-solutions/