発明者の意図を的確に反映した翻訳で特許の確かなグローバル展開をお手伝いします。

企業のプロパテント戦略が一般化した現在、翻訳が特許の良し悪しを左右することが認識され始めています。翻訳の質が悪いと、本来優れているはずの発明が審査官にうまく伝わらず、不必要な拒絶理由を招く可能性があります。

また、質の悪い翻訳は特許付与後に様々な問題を引き起こし、特許活用に支障を来す場合があります。したがって、企業が特許をグローバルに展開するにあたり翻訳は非常に重要な役割を果たすといえます。

idaの特許グループでは、各技術分野に精通した翻訳者が、発明者の意図を的確に反映した翻訳を行い、審査官や競合他社の厳しい目に耐え得る正確且つ明確な翻訳をご提供しています。

ida特許翻訳サービスの特長

技術的に正確(Correct)な翻訳

アイ・ディー・エー特許グループの翻訳は、まず明細書を読み、発明のポイント(発明者の意図)を理解することから始まります。これが技術的に正確な翻訳につながると考えているためです。難解な言い回しであってもその技術的背景を突き詰めて考え、その言い回しの意図を理解し、係り結び等の間違いの無い正確な翻訳にしています。

一貫性のある明確(Clear)で簡潔(Concise)な翻訳

原文中に表現上の「ブレ」があって、そのまま訳すと一貫性のない翻訳文となり、出願人にとって不利益となる可能性があると判断した場合、発明者の意図と照らし合わせて整合性のある形に翻訳しています。その際、必ず詳細なコメントを付けて納品しています。
翻訳文は“100% Sure”(一読一解)をモットーに、いくつもの意味に解釈されることのない明確な翻訳になるよう努めています。

また、原文の内容を保持しつつ、原文と訳文の言語による表現方法の違いをふまえ、直訳ではなく簡潔で正しく伝わる翻訳にしています。

お客様からご好評をいただいている無料の標準サービス Glossary and Comments

発明者の意図を最大限に翻訳に反映させるには、時には原文にない補足や言い換えが必要です。idaでは、このような補足や言い換えを無断でするのではなく、コメントを付けて補足や言い換えの意図を詳細に報告しています。

「Glossary and Comments」サンプル
納品時の標準サービス 「Glossary and Comments」

Glossary and Comments(PDF:166KB)

徹底した品質管理体制

idaの特許グループでは、厳選した登録翻訳者とスタッフが協力して翻訳を行っています。 登録翻訳者には、品質管理方針や特許翻訳の表現技法などについて独自に作成した詳細な翻訳マニュアルを遵守してもらっています。

ida英文明細書マニュアル(抜粋)
ida英文明細書マニュアル

ida英文明細書マニュアル(PDF:298KB)