多言語サイト制作の流れ

1. ヒアリング

クライアント企業での多言語サイトの位置づけ、サイトの目的、ターゲットとなる国、クライアント社内の体制、抱える課題等をヒアリングします。 目的・課題を明確化しクライアントと共有した上で、目的を達成し効果を上げるための方法をご提案します。  

2. サイト分析・評価

すでに英語・中国語等の多言語サイトが存在する場合、ご要望によって既存サイトの品質をチェックします。

初歩的な文法ミスや不自然な文章、分かりにくいサイト構造など、現状の問題点を把握することでリニューアルの指針とし、またコンテンツが再利用可能かどうかを判断することができます。

idaでは社内の英語ネイティブスタッフ、海外の提携企業、多言語サイト構築のノウハウによって、英語や中国語など多言語サイトの品質を客観的に評価・レポートを作成し、改善点をご提案します。

  • 英語・中国語・韓国語・各ヨーロッパ言語に関してネイティブが評価・診断します。
  • 目的に合わせて、簡易なチェックから詳細なチェックまで、
    また数ページを抽出してのチェックから、 カテゴリ全体にわたるチェックまで対応できます。
サービス項目 内容 対象ページ
全体評価 20項目程度の評価シートと評価コメント サイト全体
文章添削 画面のスクリーンショットをPDF化し、文法の誤り・不自然な表現等、赤入れ。 トップページ・製品・ニュース・企業情報等任意のページ
表現のアドバイス 文章構成や文体が、サイトの内容・業種に対して適切かどうか。キャッチコピーの印象など。 トップページ・製品・ニュース・企業情報等、任意のページ
ナビゲーションのアドバイス ターゲット言語でのナビゲーションの使いやすさ。ラベリング(リンク・ボタン等の名称)は適切か。 グローバルトップ・メイン/サブナビゲーションサーチ
表示・文字化けチェック 現地閲覧環境・ターゲット言語OSでの表示・文字化けチェック。 トップ他、任意の数ページ

3. ホスティング

サイト制作時にサーバーをお持ちで無い場合、お客様のご要望にあわせてホスティングサーバーの手配をいたします。

サイト制作とあわせて、サーバ・ドメインも一括で弊社に管理を依頼したい場合、弊社での共有および占有サーバーホスティングも可能です。

その他お客様のご要望に応じてサーバーをご紹介、手続きの代行をいたします。

【ケーススタディ】

中国語のサイトを見たときに、表示が非常に遅く感じた

これは中国国外から中国国内のサーバーへアクセスしたときの顕著な現象です。

中国国内から中国国外のサーバーへアクセスする場合も同じで表示に時間がかかります。

中国に住むユーザをターゲットにしたサイトの場合、中国国内にサーバーを置くことが最善の方法になります。

idaではこのようなお客様のご要望に対し、中国国内にサーバーを持つホスティングサービスを紹介、手続きの代行を行います。

4. CMS

サイトの更新をお客様で行いたいというご要望に対しては、目的と予算に合わせて、サイトを動的に更新するシステムを組み込むことが可能です。 管理画面の言語切り替え機能などによって、海外現地での更新作業にも対応できます。

5. 翻訳

日本語サイトをもとにサイトの構成、それぞれの言語になった場合の変更点を確認します。

日本語サイトのデータをもとにフォルダ構造、HTML/CSSの仕様を確認。
Trados®を使った翻訳に合わせHTMLファイルを整理・修正します。

準備されたデータを翻訳コーディネータに渡し、翻訳する上での注意事項、
参照物などを翻訳コーディネータと打ち合わせます。

翻訳者がサイトをTradosで翻訳します。
(案件によってTradosを使用しない場合もあります。)

各言語のネイティブが翻訳の校正を行います。

翻訳されたHTMLファイルに対して翻訳コーディネータが、
用語の統一、翻訳の抜けなどチェックします。

WEB制作部門に翻訳を渡します。

6. サイト構築

HTML制作者が翻訳済みファイルを確認し、レイアウトの修正、画像作成を行います。

このとき、翻訳文の修正が必要と思われる部分がもしあれば、翻訳者にその部分の翻訳を再度依頼します。

【ケーススタディ】

  • 多言語に翻訳するサイトの外部リンク先が日本語サイトである。
  • 電話番号の表記が日本の市外局番から始まっている。
  • 日本語でしか意味が通じない語呂合わせ・略語などがある。

上記のような場合、翻訳するだけでは多言語サイトでは不都合が生じます。ご依頼時には気づかないこのようなケースも、翻訳・制作の過程でご指摘させていただき、変更をアドバイスいたします。

7. ネイティブチェック

完成したWEBサイトをネイティブが最終チェック。
サイトになったときに不自然な表現がないか、文字化け等閲覧上の問題がないかをチェックします。

8. アクセス解析の導入

ご要望により、完成したサイトにGoogle Analyticsや独自のアクセス解析プログラムを導入します。

9. マーケティング(多言語SEO・SEM)

予算と目的に応じてターゲット言語、ターゲット地域でのSEO・SEM(PPC広告)対策を施します。

10. 効果測定・改善

サイト完成後、運用の過程でアクセス解析の結果を定期的に診断し、サイトのユーザビリティ向上・SEO対策等の改善を提案します。
改善案をもとに、サイトを改善・運用していきます。

ご質問・ご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

先頭へ