タイ語翻訳+WEB制作

 
 

タイ語翻訳とWEBサイト制作をワンストップで

idaでは約40言語の翻訳+WEB制作に対応しておりますが、やはり言語によって難易度の傾向があります。その中で最近案件の数も増えてきて難易度の高いのがタイ語の翻訳・制作・ローカライズ案件です。

タイ語の場合、その言語的な特性によりタイ現地との協調作業が非常に重要になります。idaでは、現地の翻訳会社との密接な連携によって高品質なサービスを提供しています。

信頼できる翻訳者・制作者のネットワーク

社内の翻訳部門を通じてタイ現地の翻訳者・制作者との強力なネットワークを持つことがidaの最大の強みです。翻訳だけでなく画像制作やDTPを現地で行う体制もあり、タイ語ネイティブにしかわからない微妙なポイントを押さえた制作が可能です。
また、社内に翻訳部門があることで、翻訳原稿の手配やスケジューリング、翻訳分量など柔軟に対応することが可能です。 数行のニュース更新からサイト全体多言語同時翻訳まで、安心してお任せいただけます。

タイ語翻訳+WEB制作の注意点

タイ語のWEB制作では大きく2つの注意事項があります。

1) 声調記号の位置のずれ

日本語や英語版のソフトウェアでタイ語の画像やDTPレイアウトを行なおうとした場合、声調記号が正しい位置からずれてしまう現象が発生します。声調記号の調整には一定のルールが存在し、経験を積んだ日本人のオペレーターでも大半の対応は可能ですが、最終的にはタイ人によるチェックが必要です。

例えば「トップページのメインコピーの声調記号がずれている」という事態は、制作段階やチェック段階でタイ人の目が入っていれば発生することはありません。

2) 改行位置

画像内での単語の折り返し位置もタイ人によるチェックが必要な部分です。実際のWEB制作/DTP制作では原稿に修正が入ることにより文字数の増減が発生することも多く、それに応じて改行位置も変動します。どの時点でチェックを行なうかという段取りや、修正が入っても問題ないように原稿を準備する方法など、実践から積み重ねたノウハウの有無が大きく影響します。

idaでは数百ページのボリュームでタイ語のWEB制作やDTP制作を行なうことも多いため、こうしたタイ語特有の問題をクリアしつつ最適なワークフローをご提案可能です。

その他の制作上のポイント

ネイティブによるブラウザチェック

ブラウザチェックとは、通常の翻訳チェックとは別に、html制作後に現地の翻訳者がブラウザ上でWEBサイトに問題ないか確認する工程です。
テキスト原稿ではつかみづらいWEB独特の用法(画像のAlt属性やページナビゲーションに関するテキスト)をはじめ、「現地の人が見て違和感がないこと」を 確実にすることが可能です。

idaでは翻訳段階でもダブルチェック(翻訳者とは別の者が訳文をチェック)を行っており、 尚且つサイトの完成後にもご要望によりチェックを行うことが可能です。
※翻訳文はお客様に支給いただき、ローカライズとブラウザチェックのみをご依頼いただくことも可能です。

カタログやマニュアルの翻訳制作との同時進行

社内にDTP部門がありますので、タイ語のカタログやマニュアルの印刷物制作との同時進行も可能です。WEBとDTPを同時進行することで、翻訳の共有やスケジュール、費用面など多くの効率化が可能になります。

タイ語制作実績

大手家電メーカー様 キャンペーンWEBサイト制作(5言語、レスポンシブ対応)
大手製造メーカー様 タイ語コーポレートサイト制作(WEBシステム含む)
大手製造メーカー様 製品カタログ(200ページ超)
百貨店様 訪日観光客向けタイ語WEBサイト制作
大手製造メーカー様 タイ語ニュースレター翻訳+HTML制作

 

ご質問・ご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください。