idaの海外向けマニュアル・カタログ・印刷物の特長

idaでは翻訳部門とDTP部門との連携によって多言語版のカタログ/マニュアルや海外向け印刷物制作のノウハウを長年にわたり蓄積してきました。

数多くの多言語ドキュメントを手掛けた経験と、最新のノウハウを活用して、あらゆるドキュメントを効率的にローカライズいたします。

迅速な翻訳仕上げと専門用語の蓄積

翻訳部門とDTP部門が常に連絡を取りあいながら、翻訳から仕上げまでの工程に取り組みます。

  • クライアントごとに専任のコーディネーターが担当し、製品への理解を深めていきます。
  • 翻訳の過程で用語集を作成し、各業界、企業に特有の用語を蓄積。お客様から、一度ご説明を受けた内容は翻訳・カタログ・マニュアル制作に効率的に反映されます。

OS & Softwareともに最新の多言語環境を完備

多様な言語の表記に関して、また世界各地とのデータ共有において、文字化けなどのトラブルを回避し、作業を迅速に進めるためには、多言語に対応した制作環境が必要不可欠です。弊社では、多言語に対応した、最新の環境で制作を行っています。

  • 日本語OS・英語OSを共に標準で使用しています。日本語OSだけでは完全にサポートできない多様な言語への対応が可能です。
  • 英語だけでなく、その他の言語OSでの表示確認などのご要望にもお応えできます。

翻訳支援ソフト -Trados®- とDTPソフトウエアの組み合わせによる効率化

マニュアル翻訳・制作において、翻訳支援ソフトTradosを活用することにより、内容の整合性を保ちつつ、FrameMakerやInDesignデータをそのまま翻訳します。

  • 用語・表現の統一が図れます。
  • 後工程であるレイアウト編集作業の負担が軽減し、スピードアップと工数削減が実現します。

バックアップデータの保管システム

制作物のデジタルデータはクライアントの貴重な資産として、社内での保守・管理を徹底しています。

  • 完成後の最新データを定期的に自動バックアップ。
  • 最新データを一目で確認できるようにすることで、頻繁なデータの更新においても、ミスを防ぎます。
  • ご要望に応じて指定のデータをお渡しいたします。

ソフトウェアのローカライズからオンラインヘルプまで

輸入版、輸出版を問わず、ida ではRoboHelp、Author-it、Passoloなどを活用し、アプリケーションのローカライズからオンラインヘルプの多言語版作成など、幅広いご要望にお応えしております。また、社内に取り揃えた多言語のOS上で、ソフトウエアのユーザーインターフェイスを確認できるため、製品化への最終確認を一括で行えます。

納品形態

PDF、アウトラインデータ、CD-ROM、簡易印刷、カラー印刷、各種製本。小ロットから大量印刷まで、ご予算、納期などご希望に合わせて納品をいたします。
また、idaでは環境に配慮した印刷方法もご提案できます。

ご質問・ご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

先頭へ