interview

翻訳は国と国の架け橋となるもの。好奇心の湧くものがいっぱい!!

 アイ・ディー・エーのクライアントの業種は、産業技術をはじめ、旅行・鉄道・ホテル等の観光系など、実に多岐にわたっています。そうしたクライアントから案件概要をヒアリングし、ご要望に応じた翻訳や印刷物を指定された納期までに納められるよう、作業の手配・全体スケジュールの管理をするのが私の仕事です。各チーム、それぞれプロ意識をしっかり持って仕事をしているので、信頼し合えていて、安心感があります。
翻訳は、いろいろな製品やサービスの“縁の下の力持ち”的な、ある意味、地味な存在ではありますが、言葉は、日本と外国の架け橋になるものなので、海外で使用される翻訳、国内の外国人のための翻訳など、世の中で何かしら役立つものに関わっていると思うと、とてもやりがいを感じます。

 翻訳の勉強を少ししたことで、翻訳会社がどのように運営され、どのように仕事が回っているのか見てみたくなった、というのが入社の動機であり、きっかけでした。入社してみると、想像以上に好奇心の湧くものを多数扱っていることを実感しました。入社後すぐに担当させていただいた携帯電話の操作ガイドの英語版では、ネイティブの英語表現に感心しつつ、英語用にイラストを用意したり、実機片手に原稿作成や校正などをして、作りがいを感じるとともに、制作の楽しさも知りました。
アイ・ディー・エーは、幅広い業種のクライアントとの取引があるので、今までは接点のなかった企業やその製品、それらがどのように使われているのかを知る機会も多くあり、また、翻訳を通じていろいろな業種・職種の方とお会いできるのも楽しく、とても魅力を感じています。アイ・ディー・エーの社内には、翻訳だけでなく、DTP、WEB等の部署があり、異なる分野に強みを持つ人たちと仕事ができることも、学ぶことが多く、刺激になります。

 アイ・ディー・エーは、扱っている分野も文書種類もバラエティに富んでいるので、語学に興味ある方はもちろん、そうでない方もきっと、なにかしらおもしろいものに巡り合えると思います。一緒にアイ・ディー・エーファンのお客さまを増やしていきましょう。