WEB制作会社様向けHTML翻訳サービス詳細

2016-01-13 WEB制作会社様向けHTML翻訳サービスの概要ページを作成しました。

idaでは下記のようなご要望を持つWEB制作会社様向けにHTMLファイルをそのままの形で翻訳し、言語の置き換わった形のHTMLで納品する「HTML翻訳サービス」を行っております。
 

WEB制作会社様のご要望

  • 日本語サイトのコンテンツをそのまま翻訳して、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語などの多言語サイトを作りたい。
  • HTML、CSSの修正、画像作成は自社で行いたい。

サービスの流れ

Word原稿を翻訳してから、HTML上の文字をコピー&ペーストで置き換えていくよりも、はるかに手間とコストを削減できます。
翻訳においても繰り返すテキストの翻訳作業を抑えるなどのコスト削減が可能です。

翻訳できる箇所

翻訳できない箇所

  • コンテンツ本文
  • META タグdescription
  • META タグ Keywords
  • Titleタグ
  • 画像Altテキスト
  • 画像titleテキスト
  • CSSで非表示になっている見出し等のテキスト
  • JavaScript、PHP等プログラムで書き出されるテキスト(問い合わせフォームなど)
  • 画像内のテキスト
  • HTMLコメント、CSSコメント

つまり、CSSを切り、画像を非表示にしてブラウザでページを開いたときに表示されているテキストが翻訳の対象となります。

上記のテキストはHTMLのままの状態では翻訳できないため、翻訳が必要な場合は、別途word、excel等でご支給いただく必要があります。

ご提供いただくデータ

  • 翻訳原稿となるHTMLファイル一式(CSS、画像含む)
  • (必要な場合)画像、プログラム部分のテキストを抽出したexcelまたはwordファイル
  • (あれば)翻訳参考資料、固有名詞の用語集等

納品するデータ

  • HTMLファイル(言語置き換え済み、文字コード等のmeta情報変更済み)
  • 画像、プログラム部分のテキストの翻訳(excelまたはwordファイル)
  • 翻訳の過程で気がついた点、コメント、注意事項等

WEB制作会社様向けHTML翻訳 見積りイメージ

内容・言語・分量に応じた翻訳料金
HTMLファイル調整費
※翻訳のためのHTMLファイル調整の手間、ファイルの構成によって増減します。

注記

  • 日⇒英翻訳の場合など文章の長さの違いにより、レイアウトが変わる場合がありますが、HTML、CSSの修正は料金には含まれません。
  •  
  • 納品するHTMLの文字コードは基本的にUTF-8になります。
    UTF-8以外の文字コードにする必要がある場合はご相談ください。
  •  
  • 翻訳のみのサービスですので、貴社での画像作成作業や案件の都合上、最初に頂いた原稿に無い文章・単語の翻訳が必要になった場合、内容によって都度お見積りとなります。
    ※HTML制作も合わせてご依頼いただく場合は、画像作成時の不足文言などは臨機応変な対応が可能です。
  •  
  • PHP、SSI等のincludeファイルがある場合は予めご相談ください。弊社でHTMLタグを調整して翻訳するか、別途翻訳テキストとしてご支給いただく形になります。

HTML、画像、CSSの修正も含む多言語サイト翻訳+制作サービスについて

多言語サイト翻訳と合わせて、制作までご依頼いただける場合には、下記のようなメリットがあります。

  • CSSでのフォント指定、画像フォントの選択や改行位置など、自社で制作する場合と比べ、言語が分からないために起こる間違いがありません。
  • スペース上、翻訳文を短縮する必要がある場合など、弊社で翻訳者に確認して臨機応変な対応が可能です。
  • タイトなスケジュールで翻訳と制作が同時進行する場合、翻訳と翻訳チェック・修正に社内で対応しながらのHTML制作が可能です。
  • 画像の文字、Flashの文字など、HTMLのソースコードに入っていないテキストの翻訳にも漏れがありません。
  • プログラム部分の翻訳に関しても、予め確認してからの対応が可能です。
  • 共通箇所のinclude化や、繰り返される文言の翻訳作業の削減など、コストを減らすための工夫を行います。

ご質問・ご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

先頭へ