Author-itクラウドで翻訳、ローカライズ

Author-it

Author-itクラウドで翻訳、ローカライズ

コンテンツの翻訳は一度だけ、出力は複数のメディア形式で。

Author-it Localization Managerは、XMLを使用することで、既存のローカライズのプロセスや翻訳メモリツールと、シームレスに統合できます。

Author-it Localization Managerはシングルソースのデータベースから直接利用することで、コンテンツを最大限に再利用することができます。
これによって、翻訳作業を繰り返し行う必要がなくなり、翻訳者は、新規コンテンツ、または変更されたコンテンツに対してのみ翻訳作業を行うことが可能になります。

  • 主要な翻訳メモリツールとの連携
  • 翻訳後のDTP作業の大幅な削減
  • XML対応技術
  • 単語数の確認機能
  • 自動および手動での承認機能

検証プロジェクトでは、ローカライズのコスト、翻訳単語数で大幅な削減が見られました。

課題とソリューション

課題:コンテンツが最新版に更新されました。 再度、ドキュメント全体を翻訳する必要があるでしょうか?

海外の顧客向けにコンテンツのローカライズを行う際、ローカライズのコストが、すぐに当初の原稿作成コストを上回ってしまうことを経験された方も多いと思います。さらには、DTPのコストがローカライズのコストを上回るケースもあります。
そのいずれもがまた、時間のかかる工程でもあり、海外マーケットへの貴社の製品・サービスの迅速なリリースの妨げになるものです。

ソリューション:新しいコンテンツ、または変更されたコンテンツだけを翻訳します。

Author-it Localization Managerは、自動的に新しいコンテンツ、または変更されたコンテンツのみをローカライズ担当者に送ります。
加えて、Author-itでは設定済みのページレイアウトが自動的に適用されることで、DTPコストを削減します。
さらに、すべてのコンテンツでローカライズの準備が整うまで待つことなく、準備ができたコンテンツから順に翻訳作業にまわされます。
それにより、コストは削減され、市場への露出期間は増加。Author-itは望んでいた結果をもたらします。

先頭へ

お問い合わせフォーム、またはお電話で、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォームはこちら
お問い合わせ・資料請求
大阪:06-6360-6300 東京:03-6890-0591